トップ

AGAは育毛剤で改善

その薄毛はAGAの可能性あり

AGAのメカニズムを紹介

最近、鏡を見ていて髪が薄くなったと感じることがあるかもしれません。テレビやインターネットでAGAという薄毛に関係する言葉を聞くことが増えてきたので、自分もAGAの可能性ありじゃないかと思うこともあるかもしれません。>AGAを改善するためならこちらをご覧ください。

では、そもそもAGAとは何でしょうか?AGA(AndrogeneticAlopeciaの略)とは男性型脱毛症のことで、生え際、頭頂部などが薄くなる症状のことです。後程説明しますが、男性型とあるように成人男性特有の症状です。一般に若ハゲ、M字ハゲ、テッペンハゲと呼ばれるものがこれに該当します。薄毛や脱毛に悩む男性の多くがこのAGAが原因であると言われています。

ではどのようなメカニズムでこのAGAは発症するのでしょうか?男性ホルモンが、5αリダクターゼ(5アルファリアクターゼ)という毛根付近の皮脂腺から分泌される酵素と結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)が発生します。

このジヒドロテストステロン(DHT)は、髪の成長に関係する毛母細胞に働きかけ、髪の成育を抑制するようになります。成長が十分ではない髪の毛は、太く長いという健康的な髪の状態ではなく、細い、短い、抜けやすい状態になります。それが薄毛脱毛へとつながります。

AGAは男性ホルモンが、5αリダクターゼと結びつくことが原因の一つです。女性は男性ホルモンが少ないですから、AGAは男性のみの症状ということになります。また男性ホルモン自体に問題があるというわけでもありません。男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつきジヒドロテストステロンが発生し、AGAの症状を引き起こすわけですから、5αリダクターゼという酵素がAGAの発症の鍵になるわけです。

どのようなメカニズムでAGAの症状が発症するのか分かりましたか?薄毛で現在悩んでいるなら、その薄毛はAGAの可能性が高いです。しかし、発症の仕組みを理解するならその原因となる酵素5αリアクターゼの活動を抑制するなどの様々な方法で、AGA発症の予防や、早期対策、症状の改善に取り組むことも可能になります。

Copyright © その薄毛はAGAの可能性あり. All rights reserved.